読まず嫌いはもったいない!読んでみたら見事にハマった漫画8選

漫画

みんなが面白いというけど絵柄が苦手で読む気にならない。友達に勧められたけどなんとなく面白くなさそう。そんな漫画ありませんか?

今回は読まず嫌いだったけど読んでみたらメチャクチャはまった漫画を紹介します。

ジョジョの奇妙な冒険/荒木飛呂彦


【カラー版】ジョジョの奇妙な冒険 第1部 1

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオやその後継者たちが、1世紀以上に亘って繰り広げる戦いを描く大河群像劇である。

単独の人物を主人公としておらず、主人公が変わるごとに「第○部(○部分に数字)」と部数が進み、作品のサブタイトルも変わる形式を採用している。主人公が変わるだけでなく、作品の舞台やジャンルも各部ごとに変化している。

現在までにPart1からPart8までの8部(Part8は2020年現在連載中)が発表されている。

ジョジョの奇妙な冒険 – Wikipedia

タイトルを知らない人はいない超有名作品。なのに漫画好きでも以外に読んだことのない人が多いジョジョ。理由を聞くとほぼ100%絵柄が苦手だからと言われる。自分もその中の一人。登場人物の顔が濃すぎて苦手でした。

ずっと気にはなっていたんです。別の漫画やネット上でジョジョのパロディネタってよく見かけるじゃないですか。でも自分はジョジョ読んでないからイマイチ理解できない。これにちょっぴり疎外感を感じて「そろそろジョジョデビューしてみようかな」とか思って読み始めました。

読み始めて衝撃的なことが2つ。
1つ目はメチャクチャ面白い。
2つ目は第1部と第2部には『スタンド』が出てこないこと。

最初はスタンドが出てこないことに驚きすぎて別の漫画読んでるのかと思い表紙を2度見して(スタンドは第3部から出てきます)「スタンド能力でバトルするのが売りじゃないのかよ!」と思いましたが第1部も第2部も面白いです。特にツェペリには泣かされました。

読み始めはキャラの顔が濃いのが気になりますが面白すぎてすぐに気にならなくなります。自分は止まらなくなって第7部まで一気に読みしました。

絵柄で読まず嫌いしている人は人生損していると言ってもいいほど面白い作品です。是非一度読んでみてください。独特な絵柄も気がつけばクセになっているはず。

kindleでジョジョの奇妙な冒険を検索する

チェンソーマン/藤本タツキ


チェンソーマン 1

「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジと「チェンソーの悪魔」のポチタは、死別した父親の借金を返すため、悪魔を駆除する「デビルハンター」を主な仕事としながらなんとか生計を立てていた。ある日デンジは、仕事を斡旋していたヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によってポチタと共に殺害されてしまう。しかし、ポチタはデンジの血を飲んだことで蘇生し、デンジの身体を修復するためデンジの心臓となる。復活したデンジは「チェンソーの悪魔」へと変身する力を手に入れ、ゾンビの集団を一掃する。撃退に成功したデンジは現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、その身を公安によって管理されることになる。

チェンソーマン – Wikipedia

人並みの暮らしを求めるド底辺の主人公がチェンソーの悪魔と融合してチェンソーマンになり悪魔と戦うお話。

最近話題になっているのは知りつつ表紙もタイトルもB級映画臭いなと思って舐めてました。ごめんなさい。読んだらめちゃくちゃ面白かったです。こんだけ面白ければ話題になるなと素直に感心しました。

ただジャンプっぽくない気がします。アフタヌーンとかチャンピオンに載ってそうな雰囲気。だからと言って作品の魅力は損なわれませんが友情・努力・勝利の爽やかなものでないのは確かです。

ジャンプっぽくなくても面白いのは確かな作品です。読まず嫌いしている人は最初の部分だけでもぜひ試し読みしてみてください。

Kindleでチェンソーマンを検索

ARMS/皆川亮二 七月鏡一


ARMS(1)

主人公の高槻涼は、普通の高校生として幼馴染みの赤木カツミと共に平和な日常を送っていた。しかし、転校生・新宮隼人の出現により、その日常は崩れ去る。隼人の左腕には「ARMS」という兵器が移植されており、それは涼の右腕にも移植されていたのだった。ARMSを巡り、謎の秘密結社「エグリゴリ」が暗躍を始める。同じく両足にARMSが移植された巴武士と、エグリゴリを裏切った天才少年のアルも加え、ARMSの手がかりを探るべく、エグリゴリによって滅ぼされた隼人の故郷・鐙沢村へと向かう。そしてそこには彼らの出生にまつわる驚愕の真実が隠されていた。

ARMS – Wikipedia

右手にナノマシンの集合体で構成される兵器『ARMS』を移植された主人公が同じ境遇の仲間と共に葛藤しながらも自分達の出生にまつわる運命に立ち向かう物語。

何度も力に飲み込まれそうになりながら仲間たちに支えられて立ち上がる主人公に胸を打たれます。熱い展開も多くARMSが覚醒する場面は鳥肌もの。

友達の家でたまたま読んでハマった作品。最初は絵がイマイチとか思ってたのに気づくと夢中で読んでました。話題になることは少ないけれど間違いなく名作です。

KindleでARMSを検索

モブサイコ100/ONE


モブサイコ100(1)

主人公のモブこと影山茂夫は、師匠の霊幻新隆の元で除霊のアルバイトを勤める超能力者の中学二年生。しかし特別な力は生きていく上で不要だと考えており、注目されることなく素朴に生きていた。勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼だったが、そんな自分を変えるために脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部するところから物語は始まる。

モブサイコ100 – Wikipedia

とてつもなく強い超能力を持ちながら超能力なんて大したものじゃないと思っている影の薄い主人公、通称モブとその周りの人たちの笑いあり涙ありの物語。

第一印象は絵が雑。本当に雑。これはひどいなと思うレベル。でもバトルシーンは物凄い迫力。笑えるシーンは思いっきり笑わせてくれて感動的なシーンは思いっきり泣けます。

作者は話を作るのが本当に上手いなと思いました。絵の下手さとのギャップも良い味出してます。

漫画は絵の上手さだけじゃないなと思わせてくれる作品。

Kindleでモブサイコ100を検索

め組の大吾/曽田 正人


め組の大吾(1)

幼い頃に巻き込まれた火災で、消防士(のちの『めだかが浜出張所』所長)五味に助けられた朝比奈大吾は、いわゆる「不良」であった。学生時代、大吾は恩師・落合に幼き頃からの夢であった職が消防士であった事に気付かされ(大吾にとっての「スーパーマン」であった)、自らも消防士になる事を目指し、見事採用試験に合格。千国市消防学校での研修を経て、地元の千国市消防局めだかヶ浜出張所に配属される。

ところが大吾が配属されためだかヶ浜は、開発の初期段階で、住民の防災意識もあり、めったに火事が起きず出動もほとんど無い平和な地域。それゆえに隊員たちの士気も低く、“めったに火事が起きない「め組」”や“目出度い「め組」”と揶揄される出張所だった。若く血気盛んな大吾は、その現状に我慢ができず、ストレスを溜める毎日を過ごすことになる。ところが、度重なる出動を経験することで、大吾は自らの所属するチームが、最高のプロフェッショナル・チームである事を思い知る。そして、出動を重ねていき大吾自身も災害の恐怖と闘いながら成長していく。

め組の大吾 – Wikipedia

子供の頃の火災で消防士に助けられた経験のある新米消防士の成長物語。

昔サンデーで連載していた当時は特に興味を惹かれず読み飛ばしていたけれど十数年たって読んでみるとこんなに面白かったのかと驚きました。

とにかくアツいです!自分は主人公が現場に出動するたびに涙と鼻水が止まりませんでした。読む時には側にティッシュの箱を用意して読んでください。

め組の大吾に限らずこの作者の漫画はどれもアツいので興味のある方は『capeta』『』『シャカリキ!』もオススメです。

Kindleでめ組の大吾を検索

ONE OUTS/甲斐谷忍


ONE OUTS 1

1999年、プレーオフシーズン。長年に渡ってプロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」に所属する天才打者・児島弘道は、一度も優勝経験がなく、「実力や運ではない何かが足りないから優勝できない」も悟っており、優勝に必要な何かを探すため沖縄で二軍ピッチャーの中根とトレーナーの木野崎と共に自主トレーニングに励んでいた。そこで児島は、諸々の事情から賭野球「ワンナウト」で無敗を誇るピッチャーであり、天才勝負師の渡久地東亜と出会う。1度目は完敗したものの、リベンジのワンナウト勝負の末、ルールを逆手にとった捨て身の戦法で勝利をもぎ取った児島は、自分自身が「普通の野球とは違う勝負の方法」で勝利したことから、渡久地の勝負哲学を正しいと認め、チームに足りないものがこれだと悟ったことからも、リカオンズ優勝のため入団を要求し、彼は敗者としてこれを引き受ける。

ONE OUTS – Wikipedia

平均120km/h台のストレートしか投げれないけれど賭け野球で999勝無敗の主人公がプロ野球の世界で無双する漫画。

普通の野球漫画だと努力やチームワークで勝利を掴むのがお約束。だけどこの漫画の主人公はそういうものを一切排除して勝負の非情さを語り淡々と勝利します。さらに性格がなかなかゲスい。そういうところがこの作品の魅力です。作者もこの作品はあらゆる野球漫画へのアンチテーゼとして作られていると語っています。

野球に興味がない方でも楽しめる作品です!

KindleでONE OUTSを検索

寄生獣/岩明均


寄生獣(1)

ある日突然、空から人知れず多数の正体不明の生物が飛来する。その生物は鼻腔や耳孔から人間の頭に侵入し、脳を含めた頭部全体と置き換わる形で寄生して全身を支配し、他の人間を捕食するという性質を持っていた。自在に変形する寄生後の頭部はもはや人間のそれではなく、刃物のように鋭くもなり、鞭のようにしなやかにもなり、数名以上の人間あるいは猛獣(ライオン)ですら一瞬で殺す強さ。またこの頭部は、捕食時には全体が大きな口のようにもなる。しかし普段は人間の頭部そっくりに擬態する。彼ら「パラサイト(寄生生物)」は高い学習能力で急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。

その日まで平凡な高校生であった泉新一は、1匹のパラサイトに襲撃・寄生されるが、何とか頭部への侵入(脳の乗っ取り)は免れる。パラサイトは新一の右腕に寄生し、右手と置き換わった。右手にちなんで「ミギー」を名乗るようになり、新一とミギーの共生生活が始まる。

寄生獣 – Wikipedia

宿主の脳を支配するつもりが中途半端に右手にだけ寄生してしまった寄生生物ミギーと宿主である泉新一が人間を食べる他の寄生生物たちと戦っていく物語。

寄生生物は見た目がグロくて人間を喰う。はっきり言って化け物なんだけど同時にやたら人間臭くもある。それぞれ違う価値観や考え方をもっている上に自分達の存在に対して疑問を抱いている奴もいる。そんな人間臭い寄生生物たちが次はどんな行動を起こすのか予想がつかない。だから次が気になって仕方ない。気づけば夢中で読んでました。

最初にミギーを見たときは「こいつ気持ち悪っ!」ってなるけれど読み進めていくとなんだか可愛く見えてきます。

少しグロ要素あり。

Kindleで寄生獣を検索

それでも町は廻っている/石黒正数


それでも町は廻っている 1巻

嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店シーサイドで、ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思いつく。それは、シーサイドを巷で流行っていると話題のメイド喫茶にすることだった。しかし、関係者が誰もメイド喫茶を知らず、ウェイトレスがメイド服を着ればメイド喫茶だろうという安易な考えの下、シーサイドはメイド喫茶として再スタートする。

それでも町は廻っている – Wikipedia

この漫画はタイトルを知ってはいたけどタイトルだけでは内容がわからなくてどんな漫画なんだろうなと気にはなっていたけどずっと読まないまま、表紙にメイド姿の女の子が描いてあるから萌え系漫画かなくらいに思っていました。

ところがある日ふと気になって読み始めたら面白かったです。しかも、萌え系漫画じゃなかった。

大雑把に説明すると日常系ドタバタコメディと世にも奇妙な物語を混ぜた感じです。
よくわからない人は試し読みをご覧ください。面白いのは確かです。

Kindleでそれでも町は廻っているを検索

押すなよ!絶対押すなよぉぉぉぉぉぉぉ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
漫画
怪人Mの秘密基地

コメント

タイトルとURLをコピーしました